miya takehiro official BLOG

miya takehiro のオフィシャルブログです。

ざわわ

a01bf540.jpgちょっとあわただしい。

レコーディングに向けて打ち合わせをしたり、
スタジオに入ったり、
家にこもったり。


先日はプロデューサーのヒキチさんとメンバーとで打ち合わせ。

ずばり、熱い!

話して燃えてくるのはとてもいい。
打ち合わせというのは方向を整えるためにある。

そして本日はスタジオワーク、新たな曲のかけらがいくつか出てきた。

名曲を作りたい。


そんな感じでざわわ、ざわわしているので今日はこのへんで、おやすみなさい。

携帯からでした。


写真は昨日みた、猫キックの相打ちです。
もめてるけどなんだかピースな絵でした(笑)

アクシデンタルな一日

今日は1日かけて歌詞を一行しか書けなかった。
うむ。こんな日があるのはとてもよく知っているが、苦しい。
とても苦しい。

そして、プリンターを使おうとしたら、プリンターの調子が全然ダメ。
もう買い替えるか。
プリンターというのはなぜこうも2年くらいで壊れるのだろうか。
猫が乗っているからでは、と言われたことがあるが、
彼らは2人でバランスよく乗っているので大丈夫。。。なはず。
こうなることを見越して、次回は安いものにしよう。

夜、渋谷HOMEに野村太郎を見に行く。
その前にホフデュランのワタナベイビーさんがやっていて、
ショパントリビュートのために書いた曲、というので、
間奏で「ショパン、ショパン」と中音域でみんなで連呼させるというのがあった。
ワタナベイビーさんはたしか40歳くらいだが、
それくらいの年で、今もかわらずステージにいてわいわいやっている大人は、
それぞれ独特の説得力がある。っていうかそういう人しか残らないのだろう。

今日の太郎くんはマボロシという曲がよかったな。
それと斉藤さんのピアノが、音に艶があって今までで一番よかった。
心の変化だろうか。僕もああいう音を出し続けていきたいものだ。

帰りは渋谷から原宿まで歩いたり走ったりすることにした。
今日昼間、制作にこもりすぎて、走りそびれたので。

すると、なんと。
「何かから逃げているのか!」と警察にとめられた。
「走ってるだけですが、なに?」と言っても、
囲まれて職務質問。持ち物などなどオールチェック。

職質というのを、年に4回くらいされる。
これは多いのか少ないのか分からないが、気分は全然よろしくない。

ここで一句。
「東京は 私服で走るの やめましょう」

やはり私服で走るとよくないのだろう。
急いでるだけとは思われないのか。

そういえば、地元のおじさんから、
散歩をしているとよく警察に声をかけられるので、
犬を飼うことにしました、というのを聞いた。
犬の散歩もかねれば、ピースな人に早変わり、、らしい。

よし、次に引っ越したときは犬を飼おう。
柴犬と、走る。


家に帰ると、郵便受けにメール便到着。
最近はCDのサンプルやら資料やらよくやりとりをしているので、
今日はなんだろうと手に取る。

なんと、同じ番地が書かれてはいるが、
別の建物の別の人宛でした。

そうか、うちのマンションの住所はインディペンデントではないのか。
うちに持って帰るのもアレなので、近所の建物をまわる。
しかし、うちと同じ部屋番号がある建物は見つからず。
なんという面倒くさい感じ。

宅配業者に電話すれど、営業時間外のアナウンス。
明日、業者に持っていく時間もないので、
その業者のホームページから諸々の報告と「勝手に取っていいから、ちゃんと届けてあげてくれ」と連絡しておいた。


ちょっとアクシデンタルな一日であった。
こんな日もある。
昼間にしっかりと布団を干せたので、気持ちよく眠ることにしよう。

明日はレコーディングの打ち合わせです。

見えてきた感あり

ここ3日くらいで、自分がこうしたい、というのが見えてきた感あり。

こうしたいと思ってやっているつもりだが、
ある程度やるとまた壁がある。
というか壁を勝手に感じる。

しかし、こうやって生きていきたいというのがまたはっきりと見えてきた。
あとはしっかりと進めていくだけ。
楽しみながら、などという余白はいらない。
なぜなら楽しいからね。考えただけでアガル人生です(笑)

好きなことを徹底的にやれば、
他のことをやらないといけない時間が減っていくこともよく分かってきた。
生活の話。
だらだらとやっているから、いろいろなことをしないといけなくなるような気がする。

今日は食べたり、遊んだり、歌ったり、ピアノ弾いたり、北島友太のイベントに行ったりした。
友太はやはりすごい。
あのハート、バイブス、魂、何でもいいが、改めてすばらしいと思った。
いい感じ。


P.S.1
琉球FCにいる永井秀樹さんというサッカー選手のブログを見ていたら、歌い手のスピナビルさんが出てきた。そのなさそうでありそうなつながりに納得。ビルさんの活動もすばらしい。またライブに行こうと思った。

P.S2
2/21日は、銀座の創業200年の松崎煎餅でソロライブやります。
煎餅とは、あの、おせんべいのこと。
ちなみに、4月のリラックスにも出てくれたSOUR(サワー)のベース、ソーヘイ君の実家なのです。せんべい屋というと、駄菓子を思い出す人もいるかもしれませんが、全国のデパートに卸している感じ。お土産とかお中元とか、そういうときにあなたのおうちにも届いている可能性あり。
今年からお店でアコースティックイベントをやっていくようで、第1回目となる1月は、サワーの星島くんが出ていたのでお店も含め、見に行ってきました。
ずばり、ここのお店、すてきです。おされ。
いつもと違う歌も歌えそうな気配。銀座マジックか!
昼間は買い物でもして、そして夜はお茶と甘いものが出る煎餅屋で歌を聞きにきてください。
予約は松崎煎餅まで。よろしくです!

P.S3
2/27は実家のある埼玉でやります。
今年から自分で企画してやっていこうと。
埼玉、一緒に盛り上げてくれる人も募集。
そんな人はinfoにメールください。
共演は、千田や越智君も一緒にプレーしている埼玉県川口出身の国分勇を呼びました。
楽しみです。

ではまた!

弟とか妹とか

最近よく走っている。
家の近所をラナウェイ。

川も近くにあるので、その辺りはとてもよい。
夕方がとくにきれいだ。
東京のビルやマンションは全くきれいだとは思わないが、
夕方になんとも言えない青や赤に街が染まると、
世の中は平等なんだなと思う。
どこにいても夕方は等しくやってくるのだ。

で、なぜ走っているのかというと、、、
ライブでばてないためだ。
音楽はスポーツではないが、ライブはスポーツだと思う。
僕は一生ライブをやっていきたいし、
ずっとプロミュージシャンでありたいので、
そのためには酒ばっか飲んでたるんでいる場合ではない。
あと、サッカーも続けていきたい。
サッカーはやはり楽しい。

はい。タイトルの話をしますね。
昨年末から、身近な人の弟さんや妹さんに会う機会がいくつもあった。
元々は兄、姉と僕が友達なのだが、
ご飯やお酒の会に連れてきてくれるのだ。
昨日もなんだかとても楽しかった。
最初、兄弟、姉妹はあんまり似ていないように見えるのだが、
そのうち、なんか似てくる。
それと、そのような席に一緒にくるくらいだから、
お互いのことを尊敬しているので、たまに「あら、仲良しじゃない」と思う瞬間がある。

で、ふと家に帰ってから思ったのだが、
その人の弟、妹を紹介されるパターンは多いが、
その人の兄、姉とご飯を食べにいくことはほぼ皆無だなあと。

なぜだ。
それはやはり、年上のプライドか。
妹、弟の友達は、自分より下に見ているのか!
または、妹や弟の気遣いのなさか。
自分は誘われるのに、兄や姉のことは忘れていて誘わないのか!

ちなみに、僕は3つ年上の姉と2人兄弟だ。
大人になってからは別々のエリアに住んでいたせいもあって、
一緒に誰かに会うというのはなかった。
しかし、子供の頃、姉の友達グループによく入れてもらっていたのを覚えている。

これによって弟、妹が得なのかは分からないが、
なんだかこういうことから身につけた術はありそうだ。

僕は姉がいて自然と身に付いたことが1つある。
それを最後に紹介してみたい。

それは、、、
年上の女の人を怒らせない方法だ。
具体的な術ではなく、肌で身に付いた何かだ。

好かれようとするのではなく、怒らせなければ自分のことに集中できるのを子供の頃から知っていたような気がする。とまあ、あんまりこういうことを書くと、いつか姉が見たら怒りそうだな(笑)

ではまた。

自分のためのものかそうじゃないか

今日はものすごく久しぶりに1日オフでした。
見そびれていたthis is itでも見ようかとネットで調べてみるが、
再上映も終了しているとのこと。

では何をみようかといろいろ調べていると、
マラドーナのドキュメンタリーが渋谷でやっているとのこと。
これはあつい。
(マラドーナはアルゼンチンのサッカー選手。もう引退しているが、スーパースターです。)

なわけで、見に行った。

以下、これから見る人は読まないでくださいませ。














しかし、残念。
あんまりでした。
ドキュメンタリーを撮ろうとしている映画監督が、
自分の中で「こういうマラドーナが撮りたい」というのがあるらしく、
おかしな演出が多々あり。
マラドーナは結局、最後まで心を開かないで終わりました。
なんということだ。

この監督自体が心を開いていないのだろうな。
またはもし本気で勝負しているなら「相手は心を開かなかった」というドキュメンタリーになったはずだが、要求に応えてもらおうと必死に演出するので、それがまたよろしくなかった。こういう方向の考え方を最近よく日本でみるのだが、どうやら世界共通なんだと分かった。

しかしまあ、そんな中でも、マラドーナがものすごい思想家であり、
イギリスがアルゼンチンにしかけた戦争について、ものすごく怒っていて、
「そのカタキをうつために、ワールドカップで勝ったんだ」と言い切る強さを初めて見て、こちらが奮い立った。そして、チェゲバラや革命家を尊敬しているという。

マラドーナがあれだけ人を魅了したのは、サッカーがずば抜けてうまかったからだが、引退してもなお人々が離れないのは思想家としてすばらしいからだなと思った。


渋谷から明治神宮まで歩きながら服や靴やバックを見て、
まよったあげく決め手にかいて購入できず。
一度いろいろ見始めると、モノってほしくなりますね。


で、家に帰る途中で、「映画見たい熱」が不完全燃焼だったので、
DVDでも借りて帰ろうとレンタル屋に行く。

日本語が恋しくなり、嫌われ松子の一生とおくりびとを借りる。
なんとなく目についたので。

嫌われ松子を先に見る。
なんだかとてもよかったです。

非常に個人的な話になるので、詳細は書ききれませんが、よかったです。


映画や本や芝居でも音楽でも、何でもそうだが、
自分のためのものか、そうじゃないものか、と思う時がある。
例えば、ある個人的な体験や感情にリンクしてくるものは「自分のためのもの」のような気がする。
音楽の歌詞などもわかりやすい。
全く言っていることがあさはかで、自分にひっかかってこないアーティストと、
ぐさぐさと刺さってくきて、MCまで聞き逃せないアーティストがいる。
「この人の言うことは、他人事ではない!」と思うのだ。

そういう「自分のためのもの」となる作品や人は、自分のパワーになったり、奮い立たせてくれるので、今後もいろいろなところで出会っていきたい。そして、自分にぎゅっと集中して作品を生み出していきたい。

そんな休日でした。

打ち上げて打ち合わせる

本日はメンバー4人でワンマンの打ち上げと、今後の打ち合わせ。
@我が家。with ビールと餃子。

ワンマンのこと。
今後もっとこうしたいということ。
頼むよ、ベイベーということ。
次のリラックスのこと。
レコーディングのこと。
最近見に行ったライブのこと。
ぐっときたミュージシャンのこと。
などなどなど。

ありすぎて、結局4時間で終わらず。
各自の宿題もいくつか。

とびっきりの下ネタとかはさまなければ、もうちょっと早く話が進むのに(苦笑)
まあ、そこら辺は仕方ない。

今後のナチュラルレコードにご期待ください。
確実に、やりますので。

呼応する何か

いろいろな人からワンマンの感想をいただいたり、ナチュラルレコードのinfoに長いメールがいくつか届いたりと、ありがたい限りです。
よかった、とうよりは、本気でよかった、というような感想が多く、受け取ったこちらがぐっときてます。

こちらが「おーい」と呼んだことに対して、応える何かを持っていたということだと思います。それはいったいなんなのか、言葉では言えませんが、なんとなく分かるような気がします。「あ、似てるかも」「あ、分かる、それ」っていうときにふわっと湧いてくるアレです。心の奥の方でぼくらをたまに操っているアレです。

いま実はその「アレ」について曲を書いていて、いつ完成するか分かりませんが、いつか曲が出てきたら「あ、あのとき言ってた、アレか」と思ってください。

毎度ながら話がそれました。

そういった呼応する何かを持っている方から、一通メールが来まして、、、
ワンマンから帰って絵を描きました、と。
長友心平さんの絵「Natural Recordsワンマンライブ」


すばらしくて驚きました。
絵描きの長友心平さんです。
僕がライブをやっている長野のラブリックというお店の絵を描いた人で、
昨年の秋に東京で偶然出会ったのでした。
ラブリックにある絵がとにかくすごくて「いつか会ってみたいなあ」と思っていた人。
長友さんのブログにライブの感想付きで載ってますので、見てみてください。
http://yaplog.jp/nagatomo77/

昨日の清水毅と同じく、ワンマンにかなり感じるところがあったようで、嬉しいです。
こうして、まわりの人たちと温度をあげながら、ものすごい空気を作りたいです。


雪が積もるなんて珍しいですね。
珍しい夜を楽しんで過ごしましょう。

改めまして、ありがとうございました。

先日のワンマンライブ、見てくれたみなさま、どうもありがとうございました!
そして、ナチュラルレコードチーム、月見るスタッフのみなさま、どうもありがとうございました!

とても貴重な、なんとも言えない空間になっていて、
すごく楽しかったです。

ワンマンというのは、その会場がひとつの音楽を聴くためだけの空気になっているので、イベントとは違うなんというかそわそわワクワクしたものがある。
それはとてもいいものですね。

しかしまあ、イベントのときにおこる、偶然の衝突からありえないほどのエネルギーがうまれるのも大好きなので、今年はイベント(リラックスやシークレットルーム)もワンマンもやっていきたいです。

2010.1.30@青山 月見ル君想フ
「Natural Records ワンマンライブ 2010」

1、オレンジとブルー
2、コーカサスサーカス
3、しゅわしゅわ
4、パーティーパーティー
5、今日の夕日を見に行こう
6、帰郷
7、いつも前向き、たまに横向き
8、もうちょっと話そう(新曲)
9、大切な人に愛を伝えた、サボっていては離れてしまうから
10、サンキューグッバイ愛しい人よ
11、Life is Travel
12、Link Link Link
13、光彩
14、クロスゲーム

アンコール1
15 Vivid
アンコール2
16 君はまだ起きてるかな?

以上。


ワンマンを久しぶりにやってみて思ったのだが、
いま、僕の中には、ものすごい衝動があって、
それを放っていきたいという願望があることがよく分かった。
なので、その気持ちを4人で表現できるような新曲を引き続きどんどん書いてさらなるライブをやっていきたい。

新曲「もうちょっと話そう」の歌詞もそんな衝動のひとつだ。
なかなかおもしろいことになったので、見てやってください。
最後に載せておきます。

あとは、、、自分が随分とひらけてきたなと。
以前は、せこいことを考えている部分があるのを知っているけどその部分自体を考えないようにしている、という節があったのだが、今回歌ってみて、そもそものせこい考えがなくなってきたなと。

これは最近、向っていた方向でして、何かというと、
最大のポピュラリティーとは、メロディや歌詞や演奏にあるのではなく、その人自身が開けているかどうかだと。その人が大衆に向って心を開けるのであれば、その人が放つ物も受け入れられる可能性が高くなるのではと。
しかし、迎合するのではなく、なんかもっと自分を信じるというか。
そして、相手も信じるというか。


当日の雰囲気をちょっとでも伝えるために、カメラマンの清水毅がそっと撮った写真も載っけます。なぜ「そっと」かというと、彼には今回撮影は頼まず「ちょっと見に来てよ」と呼んだからです。
それは関係の浅い相手なら失礼にあたるけど、そうではない想いがあったので。
11月のリラックスで撮影したもらったのですが(すばらしい写真でした。こちら)、いまナチュラルレコードは猛烈な勢いで進んでいるので、おそらく春にはもう2ランクくらい全体的に上がっていると思うのです。なわけで、今回はじっと見てもらって、春先にそこからさらにあがったものを彼のカメラでとらえてほしいなと。
「もうちょっと話そう」の歌詞にも書いたのですが、
「もっと深いところで、分かりあえる可能性に僕はかけてる」という感じです。(撮影が必要なかったのではなく、本当に相手のことを必要としているというか。)

そういう気持ちで自分の人生をすすめていきたいのです。
こんなナチュラルレコードを好きでいてくれてるみなさんは、すばらしい。笑
心から感謝します。
いわゆる、同士であり、仲間だと思ってます。
2010年はナチュラルレコードをもっともっと広めていく年にしたいので、
各地でナチュラルレコードについて「話題」にしてあげてください。
「1日、誰かに、1話題」でもいいです。
よろしくお願いします。

Nnatural Records2010


撮影は清水毅
詳細は彼のブログ




「もうちょっと話そう」

もうちょっと話そう 描いている夢の続きを
もうちょっと話そう 忘れられない想い出を

生まれ育ったあの街のこと 少し話してもいいかな
フットボールと荒川の夕日が いつだってそばにあった

あの頃 楽しかった時間や どうすることもできなかった気持ちが 今も
心の奥の方で 答えを求めてる

もうちょっと話そう 描いている夢の続きを
もうちょっと話そう 忘れられない想い出を
もうちょっと話そう 昨日あった嬉しい出来事
もうちょっと話そう 明日楽しみにしてることを


君が話した家族のこと もう少し聞いてもいいかい?
どこかうちと 似ているところが あるような気がするんだ

どこの家も 同じように 絶妙なバランスで成り立ってる 不思議とそうなってる
受け入れるだけで必死だったあの頃とは違う今だから できることが あると思うんだ

こうして君と話して考えて あつくなった心とカラダは きっと
僕の真ん中で 勇気にかわっていく

もうちょっと話そう 描いている夢の続きを
もうちょっと話そう 忘れられない想い出を
もうちょっと話そう 昨日あった嬉しい出来事
もうちょっと話そう 明日楽しみにしてることを


君が男だとか女だとか 今は全然関係ないから
もっと深いところで分かりあえる可能性に僕は
かけてる 今にかけてる 君のところまで虹をかけてく
そして歩いてく 今 歩いてる 僕と君だけの世界を歩いてる

っていうかこんなにしゃべってる自分に驚いたよ
だって 愛とか未来とかロックとか言ってるし
でも本当に大切なことを話してみたい気持ちなんだ
伝えたい人 あらわれたときに 初めて言葉にかわるものがある

もうちょっと話そう もうちょっと話そう
もうちょっと話そう もうちょっと話そう

lyrics:宮 武弘

※歌詞は今後もいろいろな人と話しながら変化していくと思います。



NEXT LIVE
--------------------------
宮 武弘ソロ
2/21 (日) 数寄屋
『数寄屋 vol.2』
出演:宮 武弘(Natural Records)/ 日下 奈央美

宮 武弘ソロ
2/27 (土) 埼玉県 宮内家
宮 武弘 presents『Return to 埼玉 vol.1』
出演:宮 武弘(Natural Records)/ 国分 勇

Natural Records
■3/9(火)渋谷HOME
「Natural Records presents『SECRET ROOM vol.3』」
出演:Natural Records , 野村太郎 , スワンリバーデージー , 志谷ケンイチ(コルクス)
open/start 19:30/19:45
adv/door 2500/2800(+1drink別)

ありがとうございました!

すばらしい夜をどうもありがとう!!!

楽しかったです!


ようやく寝ます。
また明日改めて書きますので、よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

日付がかわったので、ついに本日です。
よろしくお願いします!

チケットもおかげさまでSOLD OUTとなりました。
ありがとうございます。

体調がとてもよいです。
嬉しいです。
このままでいきたいので早く寝ます。
興奮してますが、布団には入ります。

加藤ケンタのブログがあつかったです。
あの内面からくるギターは、間違いないでしょう。

明日、青山で会いましょう。
よろしくお願いします。

さあこい

本日、ゲネプロ(本番と同じ通しリハーサル)終了。

いい準備ができました!
あとは気持ちを整えるだけ。
そして、今日のゲネの音源を聞いて、
理想としているものとずれているところを微調整するだけ。

新曲が、、、、、いいです!



ワンマンライブ、とっても楽しみです!!!
みなさん、の意気込みも、コメント欄へどうぞ。
ナチュレ子




P.S.チケットですが、ほんのわずかだけあります。
明日の午前にメルマガも出すので、おそらく夜には完売となります。
もし、ようやく予定がきまって行けるようになったという方は、お早めにご連絡ください。

当日券は、、、出ませんので!

NEXT LIVE
--------------------------
Natural Records
■2010/1/30(土)青山 月見ル君想フ
「Natural Records ワンマンライブ 2010」 【150名限定】
出演:Natural Records
open/start 18:30/19:00
adv/door 3000/3500(+1drink別)

1.1/30@青山 月見ル君想フ「Natural Records ワンマンライブ」
2.お名前
3.ご予約枚数
を添えて、info@naturalrecords.netまでメールにてご予約ください。
当日、前売り料金を受付にてお支払いいただきます。
なお、ライブ会場にて既にチケットをご購入済みの方が先の入場となります。あらかじめご了承ください。
※定員になり次第、締め切りとさせていただきます。チケットはお早めにご購入ください。

もうすぐです、あと3日っていうか2日

今日もリハーサルでした。
曲順も決まりました!!!
興奮する。
明日のゲネプロ(スタッフ勢揃いの通しリハーサル)を残すのみ。

あっという間にやってきてしまった気がする。
楽しみです!しかし、まだやることというかやれることがたくさんある!

一番大事なのは、心を整えることだ。
しっかりと自分の心をつかんで歌いたい。
それさえできれば、他は心配いらない。


昨日に続き、日常の心の揺れを。
先週あたりから「ワンマンがありますので、よろしければお越し下さい」というメールを携帯から友達や音楽関係者に送っている。ここで僕はいつも、BCCの一斉送信が苦手で、1人1人にメールを打ってしまうので、なかなか終わらないのだ。というか全ての人までたどりつかなくなってきている。
なぜ一斉送信が苦手かというと、ワンマンを見てもらいたいと思う人というのは、大勢の中の1人、ではなく、僕の中の貴重な1人なのだ。そして、もっといえば、ワンマンに来れなくても、久しぶりにメールができればそれでいいのである。元気ですか?僕はなかなか元気ですよ、その後の生活はいかがですか?というやりとりができればそれでいいのだ。
しかし、これは相手にとっては負担になる可能性があることも知っている。また送られてきちゃったな、行けないのにな、という感じに。なので、最近は少しずつ一斉送信も身につけるようにしている。

なわけで、このブログを見ている僕の友達や音楽関係者のみなさまはメールが来ていないからといって誘われてないのではなく、僕がたどりついていないだけなので、遠慮なく自分から「行くよ」とご連絡ください。


一斉送信を身につけたい気持ちもあるけど、1人1人電話したい気持ちを大切にしていきたいというのが本音だ。

よろしくお願いします。

NEXT LIVE
--------------------------
Natural Records
■2010/1/30(土)青山 月見ル君想フ
「Natural Records ワンマンライブ 2010」 【150名限定】
出演:Natural Records
open/start 18:30/19:00
adv/door 3000/3500(+1drink別)

1.1/30@青山 月見ル君想フ「Natural Records ワンマンライブ」
2.お名前
3.ご予約枚数
を添えて、info@naturalrecords.netまでメールにてご予約ください。
当日、前売り料金を受付にてお支払いいただきます。
なお、ライブ会場にて既にチケットをご購入済みの方が先の入場となります。あらかじめご了承ください。
※定員になり次第、締め切りとさせていただきます。チケットはお早めにご購入ください。

日常のこと

ワンマンの準備で越えなければいけない壁をひとつこえつつある。
よかった。あとはがんばるだけ。
アイディアを出す、というのはがんばってるだけではどうしようもない場合もあるので、それがとても大変。
しかし、それがほんとは一番やりたいことのはず。

や〜りたかったことが いつのまにかやんなきゃいけないことになって
く〜るしくなったら ひと休みして空を見上げればいい

というサビの「帰郷」という隠れた名曲を思い出した。
あの曲もワンマンではやろう。
リアルに、その通りだなと思う時がある。

昨日「ほぼ日」という糸井重里さんのサイトを見ていたら、
日常のことについて書かれているブログはとてもおもしろいことを思い出した。

音楽が忙しくなると、音楽の話が多くなる。
まあとてもいいことなのだが、最近、日常のことを書きそびれていた気がする。

なわけで、日々のことを少し。
今日はノドの調子を万全にするために、午前中、病院に行った。
今の家に引っ越してきてからあまり病院に行ってなかったので、
ネットで調べることにした。
すると、口コミというのがついていて、それを読んでいると、
なんだか妙に納得してしまった。
大いに参考にした。
あとは、病院のホームページにある各院長の顔写真をみて、
説得力がある人を選んだ。
誰にも直接きいてないのに、口コミ、とは不思議なものだ。
そして、ネットはこうして人に影響を与えているのだなあと。

で、行ってみると、なかなかよさそうな感じだった。
僕が病院で判断することは、医者の腕が一番だが、
受付の女の人たちの雰囲気もいつのまにか見ている気がする。
かわいい子がいるかどうか、、、も、もちろん見てしまうがそれではない。
そのポジションの人たちが笑顔で生き生きしているなら、そういう職場ではおそらく医療としても前進していくのではないかと思うのだ。

医者というのは研究を進めている人とそうでない人の差がものすごくあると思う。しかしまあ、前進しない人でも、ある患者にとってはよく話を聞いてくれるだけで十分に必要な人の場合もあるので、そのままでいいと思うが、自分が診てもらうなら、前に進んでいる人の方がいい。

そんなことを考えながら帰ってきた。

これを書いていて思い出したが、祖母が急に具合がわるくなったときに、一番近い町医者に診てもらい、原因がわからず痛み止めの注射を打たれて、その後、手遅れになって亡くなってしまったことを覚えている自分がいる。

自分でちゃんと信じれる人を捜していきたいものです。
ちょっと地味な話でした。



P.S.
あと、前回の日記で

最近弱い自分に負けそうです。
どうすれば強くなれますかね?

というコメントをいただいたので、回答。
僕もしょっちゅう、負けそうになるし、たまに思いっきり負けてます。
しかし、負けるなら思いっきり負けた方がいいと思います。
でも、また次の瞬間から勝ちにいってください。
人生、他人とは勝ち負けではないと思いますが。
自分自身とは勝ち負けがあると思います。
負けてる自分に気づくということは、
勝ててる自分が、願望にあるということです。
あなたの日々の勝利、期待してます。

そんなことをうちのバンドでも最近よく話していますよ。
よろしければ、ワンマンで僕らが勝つ瞬間を見に来てくださいね。

NEXT LIVE
--------------------------
Natural Records
■2010/1/30(土)青山 月見ル君想フ
「Natural Records ワンマンライブ 2010」 【150名限定】
出演:Natural Records
open/start 18:30/19:00
adv/door 3000/3500(+1drink別)

1.1/30@青山 月見ル君想フ「Natural Records ワンマンライブ」
2.お名前
3.ご予約枚数
を添えて、info@naturalrecords.netまでメールにてご予約ください。
当日、前売り料金を受付にてお支払いいただきます。
なお、ライブ会場にて既にチケットをご購入済みの方が先の入場となります。あらかじめご了承ください。
※定員になり次第、締め切りとさせていただきます。チケットはお早めにご購入ください。

のぼる

今日はワンマンのリハーサルでした。
もっともっとのぼりたい!
あと、6日。
ここでいかずに、どこでいく。
何のために生きてるのか、と自分に問いたい。
究極にのぼっていきたいです。

各楽曲の細部が、絶妙にアレンジされてきたので、
おそらく今まで聴いたことある曲でも、ワンランクあがっていると思います。

越智君が入ったことで、コーラスワークがとてもよくなった。
コーラス隊長の加藤ケンタ(初めて呼んだけど、笑)も喜んでおります。
みんなで歌う、っていうのは楽しいですね。
ライブに来てくれたみなさんとも一緒に歌えればと思います。

では、お楽しみに!

チケットはあとわずか!

NEXT LIVE
--------------------------
Natural Records
■2010/1/30(土)青山 月見ル君想フ
「Natural Records ワンマンライブ 2010」 【150名限定】
出演:Natural Records
open/start 18:30/19:00
adv/door 3000/3500(+1drink別)

1.1/30@青山 月見ル君想フ「Natural Records ワンマンライブ」
2.お名前
3.ご予約枚数
を添えて、info@naturalrecords.netまでメールにてご予約ください。
当日、前売り料金を受付にてお支払いいただきます。
なお、ライブ会場にて既にチケットをご購入済みの方が先の入場となります。あらかじめご了承ください。
※定員になり次第、締め切りとさせていただきます。チケットはお早めにご購入ください。

エネルギー

遅くなってしまいましたが、先日のソロライブ、見てくれたみなさま、どうもありがとうございました!

O-CRESTは普段、バンドでワイワイやるような箱ですが、
ソロでやると、スピーカーのレンジの広さが気持ちよかったです。
おそらく、歌の細かいニュアンスまで感じ取れたのではないかと思います。
ソロのときは最近は生ピアノが多かったのですが、エレピはエレピでしか出せないものがあって、これもまたいいなと思いました。アレンジももっともっといろいろな可能性を感じたので、今年も昨年同様、たくさんソロライブをやっていきたいと思います、みなさま、手帳と相談したり、たまには相談しないで自分の勢いを大切にしながら、ぜひ見に来てやってください。

さて、ワンマンまであと1週間となりました。
早いものだ。
ホームページにカウントダウンなんてついちゃったのものだから、
こちらがあおられて仕方ない(笑)

ワンマンは久しぶりだが、今回は以前にもまして楽しみだ。

というか、最近、自分が音楽をやることにとてもとてもワクワクしている。
何でもない昼間に「ぬおー」と身体の中からエネルギーが湧いてくるのだ。
たまに両手でガッツポーズしたりしている。
不思議だ。
小学生のときに、サッカーが楽しくて仕方なかったことのようだ。
あんな気持ちに大人になってもなれることがよく分かった。
そして、それは、自分次第でなれるということもよく分かった。


ここ最近、JALが話題だ。
今年は新聞でもとろうかと思ったが、
東京にいる時間がどんどん減ってきたので、その都度買うことにした。
郵便受けに捨てられるだけの新聞がたまるのはつらい。もったいない。
昨日は、なんとなく新聞ではなくアエラを買った。
しかし「誰々が悪い」というベクトルでたくさんのことが書いてあるので、
読んでいてたまに疲れる。
流れがネガティブなのだ。
そんなことよりも、全ての国民が、ひとつひとつの問題に対して、
自分ならどうするか、とか、どうすればよくなるか、と考えるようになれば、相当おもしろい国になると思うのだが。
人間の心の向きは、読んだものや、人の話や、音楽にも左右されると思う。
それらをなぞっただけで、その向きに心が並走するからだ。
ナチュラルレコードは、いまみんながいる場所から、おもしろい方に向くような音楽でありたい。そんなライブをし続けたい。
Profile
miya-takehiro_profile

miya takehiro
(vocal.ukulele.piano)

サッカー、旅、猫を愛するシンガーソングライター。 独特な透明感のある歌声が話題となっている。 埼玉浦和出身、東京在住。 全国を旅しながら、年間約100本のペースでライブを展開中。 ap bank fes、Natural High など野外フェスやアウトドアイベントにも多数出演。

ワークショップ「ウクレレで歌おう」を各地で定期開催し、日テレ「ズームインサタデー」にも出演。

最近では小学校の授業「自分の言葉で歌を作ろう」や、大学のゲスト講師として「旅と音楽」というテーマで講義をするなど、幅広く活動中。

埼玉浦和にてサッカーをはじめ、今でもたくさんの仲間たちと一緒にボールを蹴っているほか、「浦和レッズ」OFFICIAL TV のBGMを担当するなど、サッカーとの縁も大切に活動している。

2016年3月9日にニューアルバム「COMMUNICATE by the Music」リリース。レコーディングメンバーが参加するバンド形態でのライブは、各地で大盛況となっている。

◆ アルバムの試聴はこちら!


◆ ミュージックビデオ第一弾「SOULNATURE feat. GAKU-MC」


miya takehiro オフィシャルサイト
http://miyatakehiro.com

facebook :
https://www.facebook.com/miyatakehiro.music

twitter :
https://twitter.com/miya_takehiro/


リリース情報
img_communicate
miya takehiro new album
『COMMUNICATE by the Music』
2016.3.9 release
[ LCMC-0001 ]
試聴はこちら
amazonはこちら

Life
miya takehiro 『Life』
[ RLDC-001 ]

Archives
Next Live


◆3/12日 神奈川 鎌倉 つぼみの家「ワークショップ:ウクレレで歌おう」

◆3/12日 神奈川 大船 台湾家庭料理 相思豆<SOLD OUT>

◆3/18土 大阪 雲州堂  w/ ひろたうた

◆3/19日 京都「春の西院フェス」(出演は「大衆酒場Jammin、20時」)

◆3/24金 長野 松本 amijok

◆4/22土 福岡「GLaSSY MUSIC 2017」

各ライブの詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください。
出演依頼はこちら

出演、講演、執筆のご相談は、
こちらのページより
お気軽にご連絡ください。
記事検索
  • ライブドアブログ