【学校プログラム「自分の言葉で歌を作ろう」で作った曲、公開!(長文)】

ライブや楽曲制作以外に、小中高大など、学校にも呼んでもらうことがありまして、トーク&ライブをしたり、ワークショップをやったりしてます。

一番人気なのが「自分の言葉で歌を作ろう」というワークショップ。
(おそらく世の中でやってるのは自分くらいでは。笑)

クラスのみんなから言葉を集めて、その場で曲を作っていくもの。今回はじめて、その場で生徒の声を録音して、サンプラーでトラックも作って、その上に、ウクレレと歌を重ねていきました(笑)
学校からも公開OKをもらったので、自宅で録音したバージョンをどうぞー
(今回は中学生と高校生の年代で、25人くらいのグループでした)

すぐ下に歌詞を載せますが、その後に、ワークショップの流れを書きますので、よろしければ、読んでみてくださーい(長文だけど、面白いと思う。笑)



---------------
「それもこれも MY LIFE」

ハイライトで 振り返る MY LIFE
全力で 楽しむぜ MY LIFE

誰かと一緒に がんばってるとき
恋バナで眠れないとき
一人で自然の中にいるとき
それもこれも MY LIFE

いもけんぴを食べてるとき
愛媛のメロンパンを思い出してるとき
それもこれも MY LIFE

ああ ノリノリで 心拍数200
Believe in Yourself 上を向いて
ああ 何度でも 集中
心の声を もっと聞いて

ハイライトで 振り返る MY LIFE
全力で 楽しむぜ 毎回
試合も 練習も 遊びも 恋愛も

ハイスピードで 振り切るぜ MY LIFE
全力で 楽しむよ 絶対
スポーツも 学校も 食事も 音楽も 全部

ロードバイクで走るとき
夜中にトランプしてるとき
ゲームしてしゃべってるとき
それもこれも MY LIFE

明るい雰囲気につつまれたとき
何かしてもらって ありがたいなーと思ってるとき
それもこれも MY LIFE

ああ ノリノリで 心拍数250
Believe in Yourself たまに 横を向いて
ああ 何度でも 集中
心の声を もっと聞いて

ハイライトで 振り返る MY LIFE
全力で 楽しむぜ 毎回
試合も 練習も 遊びも 恋愛も

ハイスピードで 振り切るぜ MY LIFE
全力で 楽しむよ 絶対
スポーツも 学校も ゲームも 音楽も 全部

それもこれも MY LIFE
---------------

それではザックリ解説。
ワークショップは、だいたい、45分 × 2コマ、で進めることが多いです。

1、まず初めに「どんな曲を作りたいですか?」
一人一枚A4の紙に書いてもらう。名前は書かなくてOK。

2、書いた人から、僕のところに持ってきてもらう。
ここで、無頓着にかき集めたりせず、一枚ずつその場で内容を確認して、目を見てありがとう!と言ってあげるのも大事!
シンガーソングライター的な発想ですが、各自が自分で考えた言葉を書いて差し出してくれるなんて、本当に嬉しく、ありがたいこと。
おそらく、テストや課題を提出した時に、真面目に「ありがとう!」と言われることはないので、この時点で「それほどでも。。。」みたいに照れる子が結構いる。笑

3、黒板に一枚ずつ貼る(まずはランダムに)

4、黒板に貼った紙を1枚ずつピックアップして、誰が書いたか、手を上げてもらう。
この時、どの言葉でもとにかく褒める、という褒めたくなる。
ちなみに、褒めなくちゃと思って褒める大人は、子供に見透かされて信頼関係がきずけない。笑

音楽的に、喜怒哀楽などいろんなテーマがあった方が楽曲が面白くなるので、純粋に褒めたくなるのです。(たぶん、こういうシンガーソングライター的な価値観が、子供には新鮮なんだと思う)
こうして、褒められることで ”書いてよかった!”と思ってもらうことが、この次のステップに活きてくる。
それと、クラス全員が見てる中で、一見、笑われたり、排除されそうな言葉も、音楽に必要な要素として褒めてあげることで、その場にいる全員を尊重できるようになる。はず!笑

5、カテゴリー分け
明るい曲、とか、楽しい曲、とか、近いニュアンスの言葉を固めて、繋がれそうな言葉を近くに置いたり、全然違う、例えば、アップテンポの曲、とか別要素のものは、隅に置くなどして、カテゴリー分けする。

1_s


6、次に、1枚目の紙に書いた言葉の、より具体的なエピソードや、理由を書いてもらう。
これが、このワークショップの”肝”です。
例えば、楽しい曲、と書いた子が、自分にとって何が楽しいか、落ち着いた曲、と書いた子が、自分が一番落ち着くのはどんな時か、など。HIPHOPと書いた子は、自分にとって何がHIPHOPか、とか、なぜHIPHOPが好きか、とか。

何かを伝える時、曖昧な言葉だと、聞いた側が各自のニュアンスで受け取ってしまう。しかし、より具体的な言葉を使うと、その言葉が持ってる意味によって限定された想像をしたり、その言葉が表す時間の流れを思い描いたりする。そして、具体的な言葉が、歌にとっても、インパクトがあって、記憶に残るフレーズになったりする。

ただーし、曖昧なままでも、繰り返したり、インを踏んだり、音楽の中で使える言葉もたくさんあるので、この作業に苦戦してる子を責めたりはせず、頑張って書いたら、OKとする(もうちょい考えれば、もう一歩踏み込めそうな子には、突っ込むこともある。笑)。

7、書けたら持ってきてもらう。
ここでも、しっかりチャレンジして言葉を持ってきてくれたことに、ちゃんとお礼を言う。そして貼る。

8、一枚ずつ、見ていく。
具体的な言葉には個性が溢れるので、読み上げるたびに、笑いが起こる場面が多くなる。

9、ここから、歌い出しを決める。
パンチのある言葉や、エピソードを選んでもらう。

この日は「ハイライトで 振り返る MY LIFE」という、韻を踏みたい男子がいて、それを歌い出しとすることに決定。

10、歌いながら作っていく。
ここからは完全に、こちらのセンス(笑)
いくつかコードのパターンなど用意していくのですが、その通りになったことは一度もなく、子供たちと楽しめる方向を、その場で探りながら、作っていく。

先ほどの「ハイライトで 振り返る MY LIFE」ですが、「じゃあ、君のMY LIFEってどんな感じ?」と聞くと、具体的な答えに窮する(苦笑)だったら、そのマイライフをみんなで作っていこう、という流れ、になりました。

2_s


11、サンプラーでトラック制作(今回初!)
黒板に出たキーワードのいくつかを、それを書いた本人に声に出して読んでもらい、それをその場で録音し、目の前でトラック制作をする。(サンプラーは、録音した短い言葉を、リズムパターンのように、配置することができる)
この作業も、みんな笑って聞いてましたね。
「メロンパン」とか「ピーマン」とか叫んだ言葉が曲になっていくのは、面白いよね。笑

12、発表
時間内に、みんなで一緒に歌詞を組み立てながら、その場で歌って発表する時もあれば、先日のように、30〜45分くらい間を開けて、こちらで集中して作ったものを聞いてもらう、というパターンもあります。

以上。

このワークショップの狙いは、、、

◆自分の言葉を自分の中に拾いにいくこと
話し言葉も、SNSも、簡単な表現で済ませがちですが、自分が感じてることをしっかり言葉にすることは、コミュニケーションをとっていく上でも重要ですし、なぜ自分がそう感じたかを把握できれば、リピートしやすく、また、他の人にも同じように感じてもらえるよう行動しやすくなる。

◆他人の意見や存在を尊重すること
多様性、とか、みんな違ってみんないい、とか、かっこいい言葉がよく聞かれますが、それぞれに独立して存在しているときはその世界観が成立するのに、何かを一緒にやろうとすると、難しい場面が多い(苦笑)
しかし、音楽の世界で、また、歌を作る中で、”一緒に存在できる” というのを体感できると、理屈ではなく、感覚として、他人を尊重できるようになるのでは、と思ってます。
実際、このワークショップで、普段、発言権が弱めの子もクローズアップされたことで、他のみんなに「あいつもいいこと考えてるじゃん!」となって、少し風向きが変わった、という話もありました。
まあこういうのは、1日にしてならずですが、各自の世界の見方に、新しいパターンが加われば嬉しいなと思ってます。

◆芸術の懐の広さに触れること
音楽は楽しい時も、寂しい時も、いつでも歌ったり、聞いたり、勇気付けてくれるし、なぐさめてくれる。色々な意見を吸い込んでくれる魔法であると、知ってほしい。
言葉を集めるとか言ってますが、小学校低学年や子供の状況によっては、言葉が不得意な子もいて、その場合は、絵を描いても全然OK(むしろそういうのがあると超いい)。黒板に、文字と絵が並列して、そこからみんなでメッセージを読み取って繋げていく作業も、とても盛り上がります。

という感じです。

ワークショップをやるたびに、こちらにも大いに発見があり、学びがあり、次回へのバージョンアップが求められます(笑)

教育現場の皆さま、そして、子供達、貴重な時間をどうもありがとうございます!
今回の感触も大いに活かしてまいります!!!

興味ある方は、いつでも こちらまで ご連絡ください(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
宮 武弘:今後の予定
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆11/18水 『キャンプドライブ』配信リリース
◆11/21土 FMヨコハマ『The Burn』出演
◆11/28土 オンラインウクレレワークショップ
◆11/30月 - 12/3木 FM87.3 REDSWAVE「Flap Flap」出演
◆12/05土 埼玉「うらわLOOP☆ドライブインLIVE&Marche」
◆12/16水 『大きくなあれ』配信リリース
◆12/20日 神奈川 鎌倉ウクレレワークショップ
◆12/27日 東京 代官山 WEEKEND GARAGE TOKYO「ワンマンライブ有観客&配信」
-------------------------------
☆MV「キャンプドライブ」


☆MV「アウトドア最高」

-------------------------------
Facebook Page:https://www.facebook.com/miyatakehiro.music
twitter:https://twitter.com/miya_takehiro
instagram:https://www.instagram.com/miya_takehiro/
official web site:http://miyatakehiro.com/